スキンケア用の化粧品の選び方

スキンケアをより効果的なものにするためには、正しい化粧品選びも重要なポイントになります。色々なメーカーからスキンケア用の化粧品が出ているので、どれを選ぶか迷ってしまいますよね。そこで、スキンケア化粧品の選び方について詳しく解説していきます。

スキンケアする時のコツ

どんなに良い化粧品を使っていても、間違ったスキンケアをしていると思ったような効果は出ません。大切なのは、正しいスキンケアの方法を身に付けることです。ここでは、美肌を目指すためのスキンケア方法のコツを紹介していきます。

洗顔方法で肌の潤いが変わってくる!

スキンケア商品の効果を引き出したいなら、洗顔を見直すことが欠かせません。綺麗な肌と汚れが残っている肌のどちらが、スキンケア商品の効果を発揮しやすいかは簡単に分かりますよね。そんな洗顔で重視したいこ…

View Details

化粧水は使う量も大切!

化粧水のボトルの裏面や、パッケージの外側には、一度に使う化粧水の適量が記載されていることをご存知でしょうか。クレンジングや化粧水、クリームなど、その種類によって適量は異なり、メーカーによって異なる…

View Details

ニキビ肌からたまご肌に生まれ変わるケミカルピーリング

化粧水や美容液をつける順番は?

水分の多いものから油分の多いものへ

スキンケアの手順の基本は、水分を多く含むものから油分の多いものへという順序を守ることです。まず、化粧水導入液を使用することで、お肌に化粧水が浸透しやすくなります。これを使うと使わないとでは、肌の保水効果に大きな違いが見られるため、お風呂から上がった後や洗顔をした後は間髪をいれずに化粧水導入液を使うようにします。次に、化粧水を使用しますが、できるだけたっぷりとお肌に与えるようにしましょう。これで、乾燥知らずのプルプル肌に仕上げることができます。ただ、スキンケアに用いる基礎化粧品の数が増えるほど、順番がわかりにくくなってしまいがちです。そんなときには、テクスチャーの緩いものから使用し、最後に美容オイルでお肌に蓋をします。

スキンケアの順序を守ることの意義

スキンケアの順番をきちんと守ってケアをすることは、それぞれの基礎化粧品の効果を十分に発揮するという点においてとても意義があることです。例えば、先に美容オイルをお肌に付けてしまうと、皮膚に皮膜ができてしまい、その後から化粧水をどれだけ与えたとしても、吸収しなくなってしまいます。逆に、化粧水はしっかりとお肌に与えていても、美容オイルを使わなければ、付けたそばから肌が乾燥していってしまうのです。このように、スキンケアに用いる基礎化粧品というのは、それぞれに役割が異なっており、効果も違います。順序を守ってスキンケアをすることで、その相乗効果でお肌に潤いを与え、外部からの刺激からガッチリと肌をガードしてくれます。