刺激の強いクレンジングを使い続けるリスク

メイクをしたら必ずクレンジング剤でメイクを落とさないといけません。毎日、メイクをすることが多い女性の場合は肌への刺激が強いクレンジング剤を使い続けることで、肌へ様々なリスクが考えられます。刺激の強いクレンジング剤を使用し続けることで、肌荒れも起こりやすくなります。

刺激の強いものは肌の水分量を低下させるものも多いので、乾燥肌になってしまうリスクも高まります。日々、クレンジング剤による刺激を受け続けた肌は外的刺激を受けやすくなり敏感肌になる危険性もあるようです。さらにクレンジング剤の刺激でダメージを受けたことで、シワやシワ・たるみなどの肌老化も進む恐れもあります。美肌へとは程遠い肌になってしまうリスクがあるのが、刺激の強いクレンジング剤なのです。

肌への負担が少ないクレンジングの選び方

様々な肌トラブルのリスクを持つ刺激の強いクレンジング剤、できれば避けたいところです。では、肌への負担が少ないクレンジング剤とはどのようなものなのでしょうか。

一般的にクレンジング剤はシートタイプ・オイルタイプ・ジェルタイプ・クリームタイプ・ミルクタイプの順番で、刺激が弱くなると言われています。あくまで目安とはなりますが刺激が少ないものを選びたいなら、クリームタイプやミルクタイプがおすすめです。元々、敏感肌という人は肌に不必要なものが、あまり含まれていない無添加のクレンジング剤を選ぶと良いでしょう。

また、メイク落ちが悪いクレンジング剤は長い時間、肌を擦ってしまうため肌への刺激になりがちです。肌への負担は少ないけれど、すぐにメイクが落とせるクレンジング剤もメイク落としでの刺激を軽減することにつながります。